--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草喰なかひがし(日本料理) 京都市左京区銀閣寺前

12:30

人気ブログランキングへ

人気ブログランキング★地域情報(愛知)へ



今日のメイン、銀閣寺通りの草喰なかひがし
半年ぶりの訪問。

ここ草喰なかひがしのご主人、中東氏のご実家はあの有名な「美山荘」。
ジャンルはここと同じ摘草料理だけど、ここなかひがしの方が随分リーズナブルに食事ができる。




今回はお店の中の特等席でいただきます。
大将たちの手元丸見え^ ^



¥12600(税込)のコース

鮎からぼし
トウモロコシ寒天
琵琶鱒寿司
あかざ、もぎ茄子、だいご等





生胡瓜のムース、胡麻豆腐、胡瓜の炊き物、紫蘇の花

個々の素材より、この料理はなんといっても一体感。
この後もそうだけど中東氏からは「一緒に(混ぜて)食べて」と何度言われたことか。




丹波つくね芋のすりおろし、焼きパプリカ、きざみ茗荷

雑味のない甘さの白味噌によって引き出される味わいが、何とも至福のひと時に誘ってくれる。
茗荷がアクセントに。




美山の鮎
煮詰めたトマトと万願寺唐辛子


クレソン酢で後味さっぱりと。




鯉の造りと煮こごり・皮の湯引き、オクラの花、ナスタチウムとすもも海水漬け、茗荷と茗荷の花、マイクロトマト、スベリヒユ、夏大根

さっぱりとした紫蘇のジュレでみんな絡めて。




なかひがしのシンボルのおくどさんがふいてきたら、米からご飯に変わる瞬間のご飯がいただける。
艶やかで瑞々しく日本人であることを感謝できる。




鱸、じゅんさい、冬瓜、ビーツ、山うどの花

夏が旬の鱸。脂がのっていてやわらか。薄味の出汁が鱸を引き立てていて美味しい。



鮎のテリーヌ、ほおづきトマト
松本の葡萄酒ナイアガラ


鮎丸ごと一匹使ったテリーヌ。骨のゴツゴツ感がそれを物語ってる。
最高の酒のアテ!

中東氏「西の風、風力3」だって。何のこっちゃ^ ^




賀茂茄子炒め煮
かぼちゃの生麩
四角豆
芋茎
山椒揚げ





モロヘイヤとオクラのすり流し
オクラの花の酢漬け
じゃがいも(きたあかり、アンデスじゃがいも等)そうめん
紫蘇きざみ




いわし
ゴーヤ胡麻酢和え
山椒味噌唐辛子炒め
お焦げご飯
お茶漬け


中東氏曰く、
「日本航空メザシ便」
「ニューヨークはいかが?」
もうさっぱりわかんないよ^ ^




水寒天、炊いた小豆と真珠豆、スイカ、まくわ瓜、桃、ブルーベリー、ゴーヤの種、バジル豆腐のシャーベット

「こんなゴーヤ、どーや!!」


このあと最後に自慢の水を使ったコーヒーに小菓子が付く。

料理はよほど好きなのか紫蘇、茗荷がよく使われてました。僕は茗荷が大好きなので大歓迎。
7月から、夜のコースは¥12600からに値上げになったけど、ご主人の稀有な料理を堪能しにまた訪問したいです。



人気ブログランキング≫地域情報(愛知)に参加しています

”応援クリック”よろしくお願いします。人気ブログランキングへ


【レストランの評価】 2013年8月訪問
美味しさの評価:★★★★★
快適度の評価:

草喰 なかひがし
京都市左京区浄土寺石橋町32-3[地図
電話:075-752-3500
営業時間
12:00_14:00
18:00_21:00
定休日:月曜日
席数:カウンター10席他座敷2階席あり
完全禁煙
駐車場:不明
ランチ:未確認
ディナー:12000円~


FC2ブログランキング★レストラン飲食店へ

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。